コロナ自粛続く

コロナ自粛続く

2020年5月9日(土)

このコロナウイルスによる災禍はGW明けに緊急事態宣言が解かれ、平常の生活が戻るというシナリオは脆くも崩れた。今週末も神奈川県からの一斉メールにて自粛要請が届いた。

当社では客先へ赴くことによって仕事が成立する現場職員だけが外出しており、営業を含む事務職員は先月から約一ヶ月間自宅にてTV会議やリモートワークを行うという政府の方針に沿って事業活動を行った。

自宅から出ないという点には当初戸惑いもありつつも、通信網の発達により移動による時間ロスは最小限となる。自宅の一室を最大限活用してみると自宅はすでに高機能オフィスだったことに気づく。もっと自宅を整理整頓して、使いやすく住みやすくすることも視野に入ってくる。そう思えば悪いことばかりではない。

世の中はより良くなるために変わっていく。このコロナウイルスによる「新しい生活様式」は私たちに大きな変化を求めている。単に仕事場に長時間居続けるより、もっと心豊かな働き方があるはず。

コロナウイルスの終息にはまだ時間が掛かりそうだ。人生には待つことが多い。待っている間に読める本もある。これまでの事業を見直してこれからを展望する時間もある。急いては事を仕損じる。待つべき時は待つ。そんな心持ちで、いましばらく自粛要請を受け入れて、こうした立ち止まる時間が持てたことに感謝したい。